「自閉症・症状変化の様子」レポート1.U君3才 / 自閉症の治療ならさいたま市の大和鍼灸院へ

「自閉症・症状変化の様子」レポート1.U君3才
  • HOME »
  • 「自閉症・症状変化の様子」レポート1.U君3才

大和の泉レポート1

レポート1. U君 3才男児(埼玉県在住)令和4年9月公開開始

病院で言われた診断名

令和3年4月頃
療育センターにて、自閉症疑いと診断

普段の様子(お母さんからのコメント) 

生まれてから1歳頃までは、成長も早い方で普通に育っていると思っておりました。
1歳を過ぎた辺りから、徐々にあれ?と思う事が増えてきました。ネットで調べると自閉症という症状に当てはまる事が多くこの子には障害があるかもしれないと思い始めました。ですが、同時に信じたくない気持ちでいっぱいでした。

1歳半健診で言葉の遅れを指摘され、療育センターを紹介されました。2歳になってすぐ自閉症うたがいと診断され、やっぱりそうだったかと気持ちを切替え療育を開始しました。それでも、3歳になっても言葉が出ず、呼びかけても振り向かない、思い通りにならないと癇癪を起こしたりしていました。

このままではだめだ、何か他に出来る事はないかと思い大和鍼灸院様を受診しました。
ひとり遊びを好み、表情もあまりない息子でしたが、大和の泉を飲み始めてまだ1ヶ月ほどですが、よく声を出して笑うようになったり、大人と関わろうとする事が増えました。

睡眠はリズムがバラバラで、長時間お昼寝をした日は眠るのが夜12時を過ぎる事もあったのですが、最近では12時までに眠れる事がほとんどです。
ねんね行くよと言うと、理解しているようで、すんなり寝室まで着いて来てくれるようにもなりました。大変だった寝かしつけも随分楽になりました。リズムも徐々に整ってきているのかなと感じています。

便秘気味だったのですが、飲み始めて1日で、毎日必ず出るようになりました。
お菓子やジュースを好み、あげないと癇癪を起こしていたのに、あまり欲しがらなくなりびっくりしています。

保育園でも、今日はこんな事が出来ましたよ〜等、嬉しい報告をしてもらえる事が増え、確実に効果が出ていると思いとても嬉しいです。

先生にも必ず良くなりますよと言っていただきとても心強く、大和の泉を飲ませる事が毎日の楽しみとなっております。
これからもよろしくお願いします。

院長コメント

月に1回ペースで、大和鍼灸院受診継続中。現在までの変化について解説をし、今後の見通しやその他の注目点などをお話しします。また、親御さんからのご報告やご質問などをお聞きします。

「自閉症・症状変化の様子」レポート1は、ここ埼玉県から発信させて頂きたいと思います。お母さんにはご協力頂きましたて、本当に有難うございます。現在大和鍼灸院内で臨床検査中のお子さんが数名いらっしゃいます。お一人(5才男児)は最初、決まった場面で言葉が1~2語文しか出ませんでしたが、飲用開始5ヶ月目で、すらすら長い会話ができるようになり、他のお子さん方も大きく変化しております。

さて、現在まで非公開で院内臨床を継続し、自閉症(高機能自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、LD)のお子さん方の諸症状は全て消失する臨床結果が得られております。自閉症等の原因は「自律神経損傷」であることが明白となりまた、その自律神経自身が活性修復されると、子供達の症状はどの様に変化していくのか、『大和の泉』実施中のご家庭も、当ページをご覧の方々も是非一緒にご覧になって下さい。

*自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を引き起こす原因は、「自律神経損傷」によるものです。

 

                                               
                                                     

 

『大和の泉』実施後、1ヶ月間の症状変化。(令和4年8月末現在)

変化1

普段から飲み物はジュース以外一切口にせず、飲み物が欲しくなると冷蔵庫の前へ来て、ドアをどんどんと叩きます。一日に5~6回はそうしていました。飲用を始めてしばらくすると、毎日欠かさず5~6回冷蔵庫のドアを叩いていましたが、徐々に減っていき、1ヶ月後は日に1~2回程度で、1回も叩かない日もありました。今までジュース以外飲めませんでしたが同時に、お茶を飲めるようになりました。

変化2

おやつの時間、決まって「サッポロポテト(大/スナック菓子)」を欲しがり、一袋まるまる食べてしまいます。

ところがある日を境に、飲用を始めていたので試しに「ご飯と海苔」(海苔は嫌いで一切口にしたことがない)を出してみたら、おいしそうに食べるようになり、その日以来殆ど「サッポロポテト」を要求してこなくなりました。他に嫌いだったバナナも急に食べられるようになり、おやつは毎日このメニューになって、健康的なものに切り替わって嬉しいです。

変化3

昼寝を毎日3時間くらいとってしまい、就寝時間がバラバラで、夜10時頃だったり12時を過ぎることもあり困っていました。

ところが飲用を始めてしばらくすると、「ねんね」と呼んで手を引くと、すぐに寝れる日が増えていきました。時にはすんなり寝れない日もあり、まだまだ波はありますが12時を過ぎることは殆ど無くなり、大分規則正しい就寝時間になっています。

変化4

親との交わり・意思疎通について。いつも何か要求するときは母親の手を引いて、「これをやって!」、「あれをして!」等を求めてきたり、その他は一人遊びが殆どでした。

私(母)が廊下の向こうへ行くと、笑顔のまま突然ドアをバタンと占め、「追いかけてきてほしそうな顔」をするので、ドアを開けて追いかけていくと、追いかけっこが楽しいことが分かり、それと「こしょこしょ(くすぐる)」して欲しいことも分かり、追いかけて捕まえ、「こしょこしょ」すると満面の笑みを浮かべ、それを何度も何度も要求してくるようになりました。

変化5

特別支援センターに通っていますが、職員の方から報告を頂きました。一人でおトイレができるお友達を見ていて、今まで怖がって入れなかったトイレに一人で入り、便器の前に立つと、「真似をしたいのだな」と職員さんは思い、ズボンを降ろしてあげました。10秒ぐらい真似をすることができていました。今まで怖がっていたトイレに近付くことすらいやがっていたのに、驚きましたと。

変化6

うんちは数日に一度のペースでしたが、毎日必ず出るようになり、ほっとしています。

 

                                              
                                                    

 

当院内での観察

1.目線が全く合わなかったが、院長と目を合わせたとき数回にわたり、お子さんと院長の目が10秒くらいずっと合い、目線をそらすことがない現象が起きる。


2.院長がお子さんの腕を優しく触って撫でようとすると、体の上半身をやや後ろにやり、嫌がるそぶりを見せるもその直後、自身の手のひらを上にしてパーの状態で、その手を院長の手に触れるくらい近付けてきたので、院長が自分の人差し指をそっと子供の手のひらの真ん中にくっつけ、上下に2~3cmの幅をゆっくり優しく、指先で「なでなで」してあげると、何度もその「なでなで」をして欲しい様子で、手を近付けてきて、おねだりする。(自分から人に触れようとする。触れても嫌がらず、逆に自分から触れることを求める)

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP