うつ / うつの鍼灸治療ならさいたま市の大和鍼灸院

うつ

うつ 当院の実績紹介

うつ

うつ病は現代病の一つと言えよう。また、うつ病を発症する環境を各家庭が作り上げているのかもしれない。
屋内でのゲーム遊び、パソコンや携帯電話に依存し、外に出てお日様の下で過ごすことの少ない子供たち。OA機器の発達や情報処理分野の仕事量が増えれば、大人もその負の部分を背負うことになる。太陽の下で働いたり、リズム運動を行う仕事が減少すればうつ症状が発症しやすくなる。
うつ病を発症させるメカニズムは、脳内にある縫線核という神経核が弱まるからである。縫線核はやる気を起こさせるセロトニンという科学伝達物質を産生する。このセロトニンの放出量が減ると、朝目覚めてもやる気が出ない。外出して散歩する気が起きない。朝から日中にかけて気分がすっきりしない。短気になった。電車に一人で乗れなくなる。日中は元気がないが夜になると元気になる。幻聴や幻覚が出現する。etc…。
これらの症状はセロトニン欠乏によるものである。

近代医学の試み

うつ病と診断されると、病院の担当医は投薬による治療を主に行うだろう。処方されるのは症状の程度によって異なるが、まず初めに睡眠薬や、セルシン、レンドルミン、レキソタニン、ソラナックス、デパスなどの抗不安薬などである。症状が重くなるにつれ、抗精神薬や、抗うつ薬であるコントミン、デグレトール、ヒルナミン、ドグマチール、トフラニール、アナフラニール、ルジオミール、テトラミドなどを処方する先生が多いようである。 海外などでは大分前から使われている最も効く薬として、SSRI、SNRIがあるが日本でも近年多く使われている。テブロメール、ルボックス、パキシル、トレドミンなどが処方される。 また、心療内科のクリニックが増えていることもあり、カウンセリングも活発に行われているようである。

当院での治療法・実績

薬による治療は根本治療にならないケースが多い。その多くは、薬の増量を余儀なくされたり、症状を悪化させることも多い。 その理由の一つは、投薬の効果を検証すれば明らかである。 薬の作用は、セロトニンを作る細胞である縫線核を活性するのではなく、必要なセロトニンを強制的に血中にとどまらせるからである。 当院では、鍼刺激により脳神経全般を活性化させるため、治療効果が形となって現れる。

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP