全身性エリテマトーデス(SLE) / 全身性エリテマトーデス(SLE)の鍼灸治療ならさいたま市の大和鍼灸院

全身性エリテマトーデス(SLE)

全身性エリテマトーデス(SLE)

全身性エリテマトーデス(SLE)

SLEは典型的な自己免疫疾患の1つであり、免疫異常は多岐にわたる。原因は多遺伝因子や環境因子、また原因不明の部分もある。日本人有病率は1000人に1人の割合で妊娠可能年齢の女性に多く発症する。

主症状

発症の主たるものに紅斑などの皮疹、尿蛋白、腎障害、中枢神経障害(痙攣、精神病)、血球減少、全身症状として発熱、多関節痛、倦怠感、骨形成異常などがある。

近代医学の試み

SLEでの治療法は原則として薬物治療が行われる。副腎皮質ホルモンを原則とし、臓器病変が重篤であればプレドニゾロン、ループ腎炎にはアザチオプリン、シクロホスファミドを、末梢循環障害にはベラプロストなどを用い、病変の種類に応じて対症療法を行うが、画期的な回復は困難である。

当院での治療法・実績

ご存知の通りSLEは難病であり公費対象となる疾患です。
全国罹患者数は2~4万人と言われ男女比は1:9と圧倒的に女性が多く、15才~65才の中では子供を生む年齢に多く年をとると男女比が小さくなります。

さて、結論から言えば、SLEは極端な例を除いてほぼ「完治」すると言っても良いでしょう。全身遊走性の痛みは消え微熱も平熱となります。そして最後はどの方も血液検査をして頂き、RA(リウマチ検査)+、++(プラスⅠ、プラスⅡ)の陽性反応からRA-(マイナス)となり、陰性という結果となります。

では何故自己攻撃が止まり、正常化の方向へ行くのか。自己免疫疾患で最も軽いもので代表的なものは「花粉症」でしょう。自己攻撃が止まる体内メカリズムについての詳細は、全身の必要な部分に、同時に特別な刺激を脳神経、免疫系に与えることが重要となります。脳神経、免疫系に同時に特殊な刺激を与え続けると、過剰反応を起こしている免疫系は「易疲労」を起し「興奮できない状態」となり、自己攻撃の反応を停止してしまう特性をもっています。
過剰反応が停止する他の理由もいくつかありますが、当院のホームページ内には収まりきらないため割愛させて頂きます(受診時に説明させて頂きます)。また治療頻度についてですが、多くの臨床結果より、遠方の方は1~2ヶ月に1度の治療ペースでも十分に回復が可能となって参りましたので、安心して治療に専念頂けると思います。

※自己免疫疾患の1つでもある関節リウマチは、関節の骨変形は殆ど治り、神経性の痛みも全消失、またRA(リウマチ炎症反応検査)では、陽性から陰性へと回復する。SLEも同様に、当院では「自己免疫」に関する疾患さんの殆どは、完治レベルまで回復が可能となります。

*リウマチ、SLE、クローン病などの自己免疫疾患では、病院から処方される強いお薬を長く服用されている場合、回復が非常に困難となる場合があります。当院での治療をお考えの方は出来るだけ早期に、お薬の服用をお止め頂くか、減らして頂くようお勧めしております。

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP