クローン病 / クローン病の鍼灸治療ならさいたま市の大和鍼灸院

クローン病

クローン病

クローン病への、当院の取り組み

従来までの、クローン病への当院治療法は、「脳神経」、「免疫系」に特化した治療内容となり、自己免疫疾患については著しい効果を発揮してきました。令和元年、各疾患毎に治療内容の大掛かりな見直しが行われました。クローン病については、「自律神経」への働き掛けを治療に追加した結果、今まで以上の効果が顕著に表れたため、新しい治療法を導入致します。この治療法の導入により、従来よりも高い効果が得られまた、治療頻度が軽減される利点があります。具体的な治療のご案内は、ご来院時にさせて頂きます。「自律神経」の大切さ、有用性については、下記『免疫系は全ての最上位指揮官』をご参照下さい。

免疫系は全ての最上位指揮官

クローン病

原因不明の疾患で10~20代の若年層に多くみられる。日本の患者数では10万人と推定され、毎年1500人程増加しており、2012年現在では、3万人を超える。 症状の特徴は、消化管に不整型の深い腫瘍を形成し、粘膜の炎症、腸管内腔が狭くなる慢性の炎症病変である。口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生し、小腸・大腸が好発部位となります。

原因

遺伝的な原因説、細菌・ウイルス感染説、食事アレルギー説、微小血管の血流障害説などがあります。遺伝子異常が背景にあるが最も有力視されているものは「免疫異常反応」ですが、特定された原因は未だはっきりしておりません。

近代医学の試み

栄養・食事療法

経腸栄養法と完全中心静脈栄養がある。経腸栄養法では、成分栄養剤、消化態栄養剤、半消化態栄養剤がある。通常の食事では低脂肪(1日30g以下)で不溶性繊維の少ない食事が勧められ、香辛料・炭酸飲料を避けたり、腸管を刺激しない低刺激の食事が求められる。

薬物療法

薬物療法も主流で5-アミノサルチル酸(5-ASA)製剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)免疫抑制剤、抗TNFd抗体、抗菌剤などを使用する事が多い。

当院での治療法・実績

当院で最も治療実績のあるものの1つは免疫系疾患です。

完治率が高いもので、当院が力を入れているものを挙げると、花粉症、リウマチ、SLE(全身性エリテマトーデス)、クローン病の免疫系疾患です。これら免疫系疾患は、非常に回復率が高く、全治する可能性も高い。
*病院で処方される薬を、長期服用されている場合、回復率が大きく下がります。当院で治療をお考えの方は出来るだけ早期に、お薬の服用を止めるか減らして下さい。

免疫系疾患が何故「完治」に向かうのか。まず基本となる考察は、体内で「一時的に免疫系が、誤作動による自己攻撃を行っている」という位置付けが大切な要因になります。そして当院で特定した全身の必要とされる刺鍼個所に、同時に強い鍼刺激を与え続けることが重要なポイントになります。免疫系の特徴として、「刺激」という形で免疫系を興奮させ続けると、免疫系は「易疲労」を起こし、「興奮出来ない状態」となり、大きな活動を止めてしまう特性をもっています。ヒトの遺伝子、脳神経は「恒常性維持機能(ホメオスターシス)」という特徴があります。過剰反応を起こしていない状態(興奮出来ない状態)を体内に作り続けると、この体内状態が本来あるべき「正常な状態」と判断し、以後「過剰反応を起こさない」よう、正しい指令が脳神経から免疫系へ伝達されるため、正常へ向かっていくのです。

さて、クローン病への治療についてですが、患者様には薬の服用を止めて頂くか、減らしながら当院の治療を開始します。「痛みが消失」「微熱・発熱が正常となった」「病院での化学検査で、炎症反応がなくなり、検査結果で陰性となった」など、結果が続々と出ております。ある若い患者さんは最新の薬「ヒュミラ」を2週間毎に服用(静脈注射)していましたが服用を止め、当院治療を開始してから2ヶ月後の検査で正常(陰性)4ヶ月後の2回目の検査でも正常(陰性)と病院での検査結果のご報告を頂きました。

その後、天ぷらやかつ丼などの食事をとっても体調は一切崩れず、ご本人も、痛みもなく、問題のない日常生活を送られております。 クローン病は決定的な治療法がないとされており、症状を軽減する強い薬に頼らざるを得ないのが現状の様です。ですがようやく期待される治療結果が当院では次々出ており、炎症、痛みが完全に無くなった方の症例数は非常に多くなっています。また治療頻度についてですが、多くの臨床結果より、遠方の方は1~2ヶ月に1度の治療ペースでも十分に回復が可能となって参りましたので、安心して治療に専念頂けると思います。

全国の「クローン病」で苦しむ患者様方に是非一度、治療を受け、実際にその効果を実感されてみては如何でしょう。臨床数は年々増え続け、完治率は上がっております。当院の理論・治療法を行えば先の患者さん同様どなたであっても正常化(陰性)すると思われます。(*消化管の全摘や、罹患歴が10年以上など、回復しにくいケースもあります)。これからも、患者様方の一助になれる様益々、研究と結果を出し続けたいと考えております。

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP