PVL/脳室周囲白質軟化症 レポート4 / 脳室周囲白質軟化症(PVL)の治療ならさいたま市の大和鍼灸院へ

PVL/脳室周囲白質軟化症 レポート4
  • HOME »
  • PVL/脳室周囲白質軟化症 レポート4

PVL/脳室周囲白質軟化症 治療前・治療後の最新動画 レポート4

レポート1~4までは、PVL(脳室周囲白質軟化症)当院の指標、PVL/大和スケール・グレード3を軸に公開致しました。グレード3は様々な緊張はあるものの、「独歩が出来る」お子さんのグループになります。緊張、運動障害の出方がはっきりしており、また軽度グループなので、治療効果の変化が大きく出やすく、分かり易いグループになります。参考までに下記に、グレード1~3、グレード4~6、グレード7、8、グレード9、10を掲載します。

  • グレード1~3 軽度であり、かかとが浮いてしまう、足先が内転するなど、様々な緊張や硬さといった麻痺はあるものの、自身での立位、独歩が出来る。
  • グレード4~6 やや重い運動障害や若干の知的障害を伴う場合がある。自身での立位不可、独歩不可。全身各所の筋の過緊張が強く出ており、足がクロスする。
  • グレード7、8 出生時体重500g以下で予後不良、または新生児仮死などの合併症をわずかながら伴うグループ。かなり重い運動障害や知的障害がある。自身での立位不可、独歩不可。グレード4~6よりも一段と全身の過緊張が強く出る。
  • グレード9、10 最重度の運動障害、知的障害がある。3才になっても寝返り不可、移動不可、視力0で、治療効果が大変出にくいタイプ。

独歩が出来るタイプのお子さん方は、治療期間が最も早く終了するタイプですので、
独歩が出来るお子さんがいらっしゃる方は、早期に治療を行った方が良いでしょう。レポート4までは、分かり易い変化をする、独歩が出来る軽度グループを先行して公開致しました。さて、準備が整ってきましたのでこれより、やや重いグループ、グレード4~6をしばらく公開致します。今しばらくお待ち下さい。

 

レポート4

🌸ご卒業おめでとうございます。

全治したため、令和2年5月23日をもって治療を終了致しました。

院長コメント R.K君 PVL/脳室周囲白質軟化症 グレード3(総合評価 グレード7)

初診 平成29年 10月 21日
4週間特別治療(年齢及び重い緊張のため、1週間加算) 平成29年12月5日実施

R.K君は、当院ホームページの『お喜びの声』で、写真が掲載されているページで、冒頭・動画のモデルになってもらったお子さんです。治療直前のご本人の動画があり、ご提供下さいましたので解説していきます。

              

 

PVL/脳室周囲白質軟化症治療前・治療後 動画1 令和2年(2020年)3月10日公開

 

動画1は「治療直前」の動画で、動画2は現在の状態となります。基本的な治療は今月令和2年3月にて終了します。(*基本的な治療は3月で終了し、『検診』を2ヶ月間行いますので、当院への通院終了は5月末となります/卒業)。では、動画1をご覧下さい。動画1はご自宅でダンスをしている様子が映っています。右足首をご注目頂きます。これは、ステップの為に足先を伸ばしているのではありません。この時既に、足首が1㎝たりとも曲がらないのです。平成29年10月にご来院された時思わず親御さんに、「ダイヤモンドのような硬さです。治るかどうか、現時点でははっきり言えません」とお伝えしたことを、今でもよく覚えております。概ね、独歩が出来るグレード1~3、グレード4までは初診時に、「治るでしょう」とはっきりお伝えしておりますが、開業以来初めて遭遇する「硬さ」に、正直「やってみなければ分からない」水準でした。ですが、いかなる「硬さ」であっても、「治る」事が証明されたケースであるとも言えるでしょう。

PVL/脳室周囲白質軟化症治療前・治療後 動画2 令和2年(2020年)3月10日公開

 

では動画2をご覧下さい。ご自宅でお母さんが撮影して下さったものです。『喜びの声』のモデル動画でもそうですが、お子さんご本人、「カメラ」を向けられると、やや硬くなるようで、よく卒業式で緊張した生徒さんが、右手と右足、左手と左足を同時に動かしてしまうように、R.K君も、良い意味で緊張したぎこちなさが見えますが、それは気にせず見てみましょう。歩行時の柔らかい足首の動き、そして小走りに。続いて深いしなやかな屈伸と、足首が深く曲がっています。連続ジャンプ、最後は走っていく後姿で終了します。PVL(脳室周囲白質軟化症)は「全治する」ことが、これでお分かり頂けることでしょう。

 

治療終了にあたってお母様からのコメント

2歳の頃にPVLと診断されてから、いろいろな医療機関であらゆる治療やリハビリを受けてきました。
治療を受けているにも関わらず、右半身のマヒで右足のかかとが年々、地面に着かず上がっていく様を心配しておりました。他の鍼灸院に通っておりましたが、一向に良くならず他の治療方法を探している時に大和鍼灸院さんに出会い、8歳という年齢でも「治るでしょう」と言って頂き、驚きとともに嬉しかったのを今でも覚えております。
4週間の集中治療や週数回の治療は本人を始め家族全員で協力し合い、院長先生達にも励まして頂き、日に日に良くなっていく様を見て感銘を受けました。今では綺麗にかかとが地面に着いており、ジャンプや屈伸なども出来るようになりました。大和鍼灸院さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
2017年10月下旬から通い始め、2020年3月末で完治ということで卒業予定です。(*2ヶ月間の『検診』があるため、通院終了は5月末となります)

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP