PVL公開動画を全国、海外へ発信することについて /

PVL公開動画を全国、海外へ発信することについて
  • HOME »
  • PVL公開動画を全国、海外へ発信することについて

PVL公開動画を全国、海外へ発信することについて

令和元年を一つの節目として、「PVL公開動画」を日本国内外へ発信することと致しました。それは、PVL児だけでなく小児難病、大人の難病の患者さん方の一助になることだけではなく、日本医学界、鍼灸業界全体へ一石を投じる良い機会だとも考えたからです。殊に昨今の鍼灸においては、憂慮すべき現状が山積しているように思います。それは「治療の結果、どこまで回復するのか」、「結果があいまい」な点です。鍼治療は、体内への神経刺激をする医学の性質を持っています。よって、鍼治療をされると「脳性麻痺」のお子さんは、「手が動かせるようになってきた」、「股関節が柔らかくなってきた」、「言葉が出るようになった」といった、「初歩の改善」、「初歩の回復」は一様に出現し、親御さんはさぞ驚かれることでしょう。ですが、この程度の回復変化は、どこで鍼治療を受けても起こる一般的な変化であり、さほど驚くレベルではありません。問題は、その後です。最後は「どこまで回復したのか」となると、何一つ実力を示す「結果」が出てこない、存在しないことが問題でしょう。これら諸問題をこのまま放置すれば、患者さんご自身に迷惑が及ぶばかりだけでなく、「鍼灸」への信頼が音を立てて崩壊していくことになります。

当院公開動画のお子さん方、殊にグレード4以上のケースは、動画公開一本目はどのお子さんも、綺麗なハイハイ、つかまり立ちもできない状態から「現在進行形」という形で実況生中継をしております。3ヶ月後、6ヶ月後、一年後はどの様になるのか「先が見えない」状態から公開を始めている点にご注目下さい。そして誰もが「回復の一途を辿っている」点にも、お気付き頂きたいことです。PVLについて多くのお問い合わせを頂きますが、いつも「3ヶ月間程試されてみては如何ですか」とお勧めしています。麻痺や緊張が目立ち始める生後10ヶ月前後位から治療をすれば、「初歩の改善」、「初歩の回復」といったレベルでは終わらないことが、容易に実感できることでしょう。また、この度の公開動画にご協力下さいました親御さんのお力添えには、この場を借りて深く感謝を申し上げたいと思います。今後ともご協力下さいますよう宜しくお願い致します。脳性麻痺、PVL児を助けるために、情報発信のバトンをつないでいきましょう。

今後も引き続き「公開動画」を拡大して参りますので、どうぞご期待下さい。患者さん、お一人お一人の一助となれますよう今後も「襟を正して」いきたいと考えております。

令和 3年 2月  大和鍼灸院 院長  横 内  徹

難病疾患専門の鍼灸治療なら
大和鍼灸院へお気軽にご相談下さい

ご相談・お問い合わせ

048-832-2111

WEBお問い合わせ

PAGETOP