現在、日本を取り巻くメディア報道の「コロナウイルス騒ぎ」は、諸外国からの「政治的圧力」が掛けられて起こっているようですが、インフルエンザ同様、「風邪症状のみ」しか起こりませんので、心配はいりません。ここで、「風邪」に掛かった時の対処法をお伝えしましょう。病院から処方される不明瞭な化学物質が混入されている諸々の薬や、殊に「ワクチン」は摂取しないようにしましょう。
今日本中が、やや神経質気味になっていますが、こういう時は「ゆったりとした風景」でも眺め、落ち着いていたいものです。

 

 

自宅で治る最も簡明な方法は、「野菜ジュース」を飲むことです。「脳神経」にとっての唯一の栄養素は「糖」しかありません。体内ウイルスを正常化させ、発熱を急速に下げることができることを担当するのは、体内「免疫系」ですが、免疫系のエネルギー源となるものは、「多量の水分と多種多様なビタミン」になります。つまり「野菜ジュース」が特効薬となる訳です。私も常時「野菜ジュース」を自宅に備蓄しており、朝起きて熱が37°代、38°代あったときは、朝起きて野菜ジュースを1リットル、一気に飲んでしまいます。するとお昼ごろには熱が下がって悪寒や、体の痛みも無くなって、風邪が治ってしまいます。その日の夜には楽しくお酒を飲んでいます。怖いことなど何もないのです。

 

 

因みに我が家では「伊藤園」の野菜ジュースか、「小岩井」の野菜ジュースを買っています。スーパーでは200円以下で買えるので、お手頃です。皆さんも「風邪対策」には「野菜ジュース」を一度に多量に飲むことを覚えておきましょう。