腰痛・椎間板ヘルニア

腰痛・椎間板ヘルニア 当院の実績紹介

椎間板ヘルニアとは、腰痛と共に神経が圧迫されることにより下肢の痺れ、痛みを引き起こすことが多い。頚椎、胸椎、腰椎という計24個の椎骨が縦に並んで(背骨)おり、その椎骨の間に「椎間板」と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をする軟組織があります。 椎間板は「大福もち」「バームクーヘン」などに例えられますが、そのバームクーヘンが圧迫を受けると横方向に押し広がり、押し広がった部分が中枢末梢神経に接触するため、神経症状として痺れ、痛みが発症する。

腰痛は腰部を含め筋肉疲労が最大の原因でしょう。又痛みが出現するまでには様々な要因が絡み合っているのが現状でしょう。 長時間同じ姿勢でいる。中腰や無理な姿勢を繰り返す、カバンなどの荷物をいつも同じ側で持つなど、腰部筋肉疲労の要因は様々です。 急性腰痛(ギックリ腰)は慢性疲労時、重い荷物を持つ、急な動作を行った時に発症し「炎症」が起こるものです。

当院での治療法・実績

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら お電話は048-832-2111までご連絡ください。

PAGETOP
Copyright(c) 2015 株式会社大和鍼灸院. All Rights Reserved.