クローン病

全身性エリテマトーデス(SLE) 当院の実績紹介

SLEは典型的な自己免疫疾患の1つであり、免疫異常は多岐にわたる。原因は多遺伝因子や環境因子、また原因不明の部分もある。日本人有病率は1000人に1人の割合で妊娠可能年齢の女性に多く発症する。


主症状

発症の主たるものに紅斑などの皮疹、尿蛋白、腎障害、中枢神経障害(痙攣、精神病)、血球減少、全身症状として発熱、多関節痛、倦怠感、骨形成異常などがある。

近代医学の試み

SLEでの治療法は原則として薬物治療が行われる。副腎皮質ホルモンを原則とし、臓器病変が重篤であればプレドニゾロン、ループ腎炎にはアザチオプリン、シクロホスファミドを、末梢循環障害にはベラプロストなどを用い、病変の種類に応じて対症療法を行うが、画期的な回復は困難である。

当院での治療法・実績

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら お電話は048-832-2111までご連絡ください。

PAGETOP
Copyright(c) 2015 株式会社大和鍼灸院. All Rights Reserved.