難聴・耳鳴り・めまい

難聴・耳鳴り・めまい 当院の実績紹介

難聴は(聞こえにくい、言葉が聞き取りにくい)外耳から中耳、内耳、大脳の聴覚中枢までのどこの障害でも発症するもので、伝音性難聴と感音性難聴の2種類があります。

 

1)伝音性難聴は、外耳や中耳に何らかの障害があり音波が効率的に内耳に伝わらないために起こります。原因は様々で、外耳自体の損傷、耳あか、外耳又は内耳の感染症、鼓膜穿孔、耳小骨(ツチ、キヌタ、アブミ骨)の損傷などが挙げられます。
2)感音性難聴は内耳の音を感じる有毛細胞と呼ばれる感覚細胞から大脳まで音を感知する神経経路の障害によっておこる場合が多い。

近代医学の試み

難聴の発症にはストレスや疲労が関わっていることが多く急性期の治療としては安静にすることを勧められる。入院を勧めるケースや内耳循環を良くするプロスタグランディンや血管拡張薬、ビタミンB12、ステロイドの処方、高圧酸素療法、又手術をすることなどが一般的でしょう。

当院での治療法・実績

耳鳴りは「キーン」音や「ジー」音、セミが鳴く様な音が聞こえるなど、多くの煩わしい音が聞こえる。聞こえる程度も様々で、朝方や寝る時のみ聞こえる方や、1日中聞こえる、1日を通して音が変化するなどその音の聞こえる時間や性質も多種多様です。耳鳴りの最も大きな原因は、難聴同様多くの耳鳴りは中耳・内耳、三半規管には異常がない場合が多く

ストレスや首・肩凝りなどによる自律神経障害が最も大きな原因とされています

近代医学の試み

耳鳴りの場合、難聴同様まず安静を勧められるでしょう。
次に血流改善薬、ビタミン剤などの薬物療法が用いられます。又、最近はストレス、自律神経障害を指摘するクリニックも増え、薬ではなく、シンプルに「睡眠」を重視し休養を推奨するドクターもいらっしゃるようです。

当院での治療法・実績

めまいは「ふわふわ雲の上を歩いている感じ」ものと、「ぐるぐる回転する激しい」ものと2種類あります。
ふわふわ雲の上を歩いている感じのものは、疲労、ストレス、睡眠不足から由来するものが多く、ぐるぐる回転する激しいめまいは、内耳にある三半規管(耳石器)のリンパ液が過剰に増え、水ぶくれの状態になった時に起こります。

※メニエール病
メニエール病は難聴や耳鳴りと同時にめまいを伴うもので、長期間発症しすぐに症状が消失しないのが特徴です。

近代医学の試み

まずはめまい止めなど内服薬、血液改善薬、ビタミン剤などが勧められるでしょう。

症状が強く内服が困難な場合は、めまい止めの点滴を行うケースもあるでしょう

当院での治療法・実績

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら お電話は048-832-2111までご連絡ください。

PAGETOP
Copyright(c) 2015 株式会社大和鍼灸院. All Rights Reserved.