脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症 当院の実績紹介

脊柱管とはわかり易く換言すると、人体の背部には背骨があり、この背骨は頭部~腰部まで1本の管となっており、その管の内部に血管、神経が脳から下位方向へとずっと続いている。その管のいずれかの部位で、外部から内部へと向かって圧迫が起こると、内部にある神経が圧迫され、様々な症状を引き起こすのがこの疾患の特徴である。 脊柱管狭窄症は主に3種類あり、頚部脊柱管狭窄症、胸部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症がある

 

a) 頚部脊柱管狭窄症
主に両上肢に痺れ、痛みなどの感覚障害を発症する。症状が重くなれば上肢だけでなく、両下肢にも同様の症状が現れる。

 

b) 胸部脊柱管狭窄症
主に上肢には症状は起こらず、胸部~下肢に、様々な症状を引き起こす。

 

c) 腰部脊柱管狭窄
脊柱管狭窄の中で最も多いのが腰部脊柱管狭窄です。
症状は下肢に集中しており、軽度なら足の痺れ、重さを感じる、違和感がある程度だが、重くなるにつれ、痺れ、激しい痛みなどが出現し、余りの痛みに歩けなくなるといったことも起こる。

近代医学の試み

まず安静にすることを指摘され固定装具等を用いられる
次に、鎮痛剤や血流を改善させる薬や痛みが強い場合、神経ブロックが行われることもある。これらの処置での効果が得られない場合、除圧するための手術が行われるのが一般的であろう。

当院での治療法・実績

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら お電話は048-832-2111までご連絡ください。

PAGETOP
Copyright(c) 2015 株式会社大和鍼灸院. All Rights Reserved.