クローン病

クローン病 当院の実績紹介

原因不明の疾患で10~20代の若年層に多くみられる。日本の患者数では10万人と推定され、毎年1500人程増加しており、2012年現在では、3万人を超える。
症状の特徴は、消化管に不整型の深い腫瘍を形成し、粘膜の炎症、腸管内腔が狭くなる慢性の炎症病変である。口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生し、小腸・大腸が好発部位である。


成因
遺伝的な原因説、細菌・ウイルス感染説、食事アレルギー説、微小血管の血流障害説などがある。遺伝子異常が背景にあるが最も有力視されているものは「免疫異常反応」である。
他に、日本の研究チームがマウス実験で体内リンパ球の一種「CD8T細胞」の異常繁殖により生み出される物質であることを突き止めた例もある。

近代医学の試み

栄養・食事療法
経腸栄養法と完全中心静脈栄養がある。経腸栄養法では、成分栄養剤、消化態栄養剤、半消化態栄養剤がある。通常の食事では低脂肪(1日30g以下)で不溶性繊維の少ない食事が勧められる。香辛料・炭酸飲料を避け、腸管を刺激しない低刺激の食事が求められる。

 

薬物療法
薬物療法も主流で5-アミノサルチル酸(5-ASA)製剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)免疫抑制剤、抗TNFd抗体、抗菌剤などを使用する事が多い様である。

当院での治療法・実績

お気軽にお問い合わせ下さい

当院にご関心のある方や、通院はしないけれど自分の病気や症状についていろいろ知りたい、相談したいという方等、小さな質問でも随時お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重・種類・発症時期・患者の体質・年齢・体力など様々な状況によって左右されますので、先ずご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら お電話は048-832-2111までご連絡ください。

PAGETOP
Copyright(c) 2015 株式会社大和鍼灸院. All Rights Reserved.